長野市ベビーマッサージ&ベビースキンケア資格取得スクール Olibyの佐藤です。

Q, 課題のケーススタディは大変でしょうか?

A, 案ずるより産むが易し!

 

今月のロイヤルセラピスト協会のベビーマッサージ実技試券を受験される方はOlibyからは5名いらっしゃいます。

5名さまそれぞれ本当に違う個性を持った方々です。

・ご家族の予定を優先しながら、空いている時間に課題を確実にコツコツ進めていく方、

・集中して短期間にどどど〜!っと進む方

様々なライフスタイルがありますし、生き方もありますし、課題提出ペースはそれに無理がかからないように進んでいただいております。(お尻の日にちは決めさせていただいていますよ〜^^)

先月末から各人のケーススタディレポートチェックをさせていただいておりますが、本当に色々な学びがあるようで、ケーススタディの時間がとっても有意義だったのだなぁと感じています^^

ママの気持ちを汲んで進んだ内容や、提案したベビーマッサージで親子の絆が深まっていることを実感したり、ママからの感想に感動したり。。。

そして最後には「これからもママと赤ちゃんの笑顔のためにベビーマッサージをおつたえしていきたい」との気持ちが強くなっていきます。

 

ケーススタディ、最初は大変かなぁと思われるかもしれません。

でもやっている途中にみなさんに声を聞いても「楽しいです♪」って声が返ってきます。

さらに終わった後は「楽しかったです〜〜♡」ってもっと笑顔で帰ってきます。

それだけ充実した学びがあるケーススタディなのですね。

合格後は誰かのサブ講師になり経験を積んでからスタート、、、なーんてことせずに、すぐにご自分で教室が開けます。

そこまでレベルを上げるための課題です。

仕事として活用したい資格。

時間と内容、実力を考えるとやはりロイヤルセラピスト協会のベビーマッサージですね。

やり始めたら楽しくて仕方ないのですから、やっぱり「案ずるより産むが易し」なのです♪

→その他色々直接佐藤に聞きたい場合は無料ガイダンス