ベビーマッサージQ&Aコーナー

Q,「レッスン中、もし赤ちゃんが泣いてしまったらどうしよう><…」

A, 「心配する必要はありません^^  なぜかと言うと。。」

 

レッスン中に泣いてしまったお子様を抱っこしながら。。。

「せっかく準備してきたのに。なんで今泣くの?他の子はとっても楽しそうなのに。」

そう思ってしまうかもしれません。

私も同じ経験をしています。

 

でももしかしてこんなようなこと感じることありませんか?

泣かないでって思う時に限って泣き止まない。

 

赤ちゃんは言葉で気持ちを表すことはまだできないので、まだまだ泣いていろんなことを伝えてくれます。

それをママに受け入れてもらった時、「ママ、ちゃんとアタシのことわかってくれてるなぁ。。。♡」って満足します。

要求を受け入れてもらったから、もう泣いて伝える必要がない。

だから泣き止む。

 

赤ちゃんの要求に対して、私たちはそれに答えているか?

どうやらそこにあるように思うんです。みなさまはいかがですか?

 

赤ちゃんは泣いたり笑ったり、いろんな気持ちを本当に素直に表現してくれます。

笑っているときはもちろんごきげんさんの時。

泣いているときは、何かを一生懸命伝えています。

 

「今は抱っこしてほしいの」

「もっとそばにいてほしいんだ」

「はだかんぼうは今はイヤだよ」

「喉がかわいたよ」

「ママ、何か不安なの?私も同じきもちだよ」

「おしっこでそうだよ」

「おしっことうんちがでたよ」

 

ママからはそんな時「泣かないで」ではなくて、「どうしたの?」と察してあげる気持ちで。

具体的な理由がなくても泣く時もあると思います。

そんな時は「今、泣きたいんだね^^」と受け止めてみては。

それが必要な時もあります。

赤ちゃんのありのままの姿を受け入れていきましょう。

これを癖づけることで何を伝えようとしているのか、だんだんとわかるようになり、ママ力もアップします。

 

また、ママが「泣いちゃうかな、大丈夫かな。」とドキドキ不安な気持ちだとその気持ちが赤ちゃんに伝わります。

「ママ、何か不安なの?私も同じきもちだよ」とぐずるときもあります。

だから、どうぞリラックスしてお越しくださいませ。

グループレッスンの場合、もしお子様が泣いていて全くできなければ、翌月以降の同じ回に振替しています。

なので心配なさらずにどうぞ^^

赤ちゃんは泣いて色々教えてくれるもの。

他のママも経験しているので、泣いているから迷惑、とか思いません。

「そんな時もあるよね」皆さんそうおっしゃいます。

我が子のために何かしてあげたい、そう思ってベビーマッサージレッスンに集まるママですから、どうぞ安心してください。

 

それでもやっぱり心配であれば、プライベートレッスンをお申込みくださいね。

グループレッスンを1回体験した後に、プライベートレッスンに切り替える方もいらっしゃいます。

我が子の様子をみて、「集中できる自宅がいい」「場所見知りで泣いているかもしれない」等、理由はそれぞれですが、変更された方はプライベートレッスンにてしっかりとベビーマッサージの効果が出ているので、切り替えたママの感が当たった、ということかと思います。ママ力、働いています^^

プライベートレッスンでは泣きたいときは抱っこしながら受け止めてあげて、お子様が落ち着いたらレッスンをスタートします。

おっぱいを飲んで寝てしまったら、少しねんねしてから始めます。

これがプライベートレッスンの良いところですね。

どうぞリラックスしてお越しくださいね。

ベビーマッサージはママのリラックスがとっても大事です。

Olibyのベビーマッサージレッスンはお子様が泣いても心配する必要がないレッスンです^^