このおくるみでどんな時間を過ごせるのか、効果があるのか楽しみです✨

おはようございます。
先日、おくるみタッチケアレッスンを開催してきました。

伺ったのは世田谷区の一児のママのご自宅へ。
お腹の中には新しい命。
おくるみタッチケアってなんぞや!?
ママの口コミで広がる「おくるみタッチケア」ってなんなの!?というわけで、お腹のお子様のためにレッスンをご希望されました。
ありがとうございます^^

最初は赤ちゃんが泣く理由について確認しながら進めました。
子育て経験があるからこそ「なるほど〜!」という心に響く内容もありますね^^

赤ちゃんは伝えたい気持ちがあるから赤ちゃんが泣く。

その理由とは?

どんなに生まれたばかりでも、この気持ちがあるからこそ、泣いたり、手足をバタバタしたりという行動で表現しています。
いくつか一緒に泣く理由を出して、育児書には載っていない理由も取り上げました。
それは「環境と姿勢」。
ここがポイントです。

それをお伝えしました^^

「赤ちゃんの気持ち」を感じながら「生後1日目の赤ちゃんでも必ず伝えたい気持ちがある」という寄り添いから、全てがスタート。

育児ってただのお世話ごとじゃないですよね。
赤ちゃんの伝えてくれる気持ちに寄り添うからこそ、その後のコミュニケーションにつながっていきます。

その他、新生児期の赤ちゃんについて学びを深めた後には、実践です!
エイデンアンドアネイのおくるみを使って、正しく安全にくるむ方法を一緒に行いました。
何度も何度もやることで、実際に赤ちゃんと対面した当日から巻いてあげることができます。
巻いている奥には上のお子様がお昼寝中。
ほっこり増し増しな時間でした♡

巻き終わったら、おくるみの上からタッチケア。
新生児期の赤ちゃんは皮膚感覚が優れていますので、おくるみの上からでも十分な皮膚刺激を与えることができます。
皮膚刺激は副交感神経に働きかけ、脳への刺激にもつながります。



人形を使いながら幕練習を何度も行います。

そのほかには、おくるみを巻かれる体験や、マタニティ期の過ごし方などをご提案させていただきました。


・おくるみはいつまで巻いてあげたらいいのですか?
・一日ずっと巻いたままでもOKですか?
そんなご質問にもお答えしながら、実際に赤ちゃんとの毎日を思い出しながら気持ちスッキリ!

赤ちゃんと会えるのを楽しみに、これからの毎日をお過ごしいただけると嬉しいです^^

おくるみで楽しんだ後には、ベビーマッサージの肌と肌の触れ合いコミュニケーションも待っています♡
ますます楽しみな毎日を♪

ご利用ありがとうございました!

<おくるみタッチケアレッスン>
マタニティ期から2ヶ月くらいまでの赤ちゃんとママ対象
新生児の赤ちゃんの心と体について
おくるみの効果
おくるみの安心安全な包み方
おくるみタッチケア実践